環境活動

弊社は「海」の環境について考えていきます。
SDGsの14番目の目標でもある「海の豊かさを守ろう」はダイビング業界、南の島の旅行業界、政府観光局、エアラインなど横の連携を持って、一致した取り組みが必要なテーマです。
ダイバーは海の素晴らしさ、美しさを知っています。一方で海洋プラスチックが海を汚染し、海洋生物の生態にも影響を及ぼしています。資源、生産、運搬、労働など全て繋がっておりますので、点で物事を考えていくのはとても難しいです。でもこの事実を認識していくことが大事なのではないかと思っています。
まずは我々ダイバーにできることは何か?日常でもできることは何か?今、世界中でざまざまな活動をしている方々を紹介していきます。
そして、弊社ではスナイプバレー合同会社と共同で「1Dive1Cleanup プロジェクト」を行っています。
これは、ダイバーがファンダイブで潜った際に、海中やビーチにゴミがあれば一つで良いので拾ってくる」というものです。これだけで海がきれいになるかというと、そう現実は甘くはありません。
ただ、普段海に潜らせていただいている感謝も込めた、最低限のダイバーのマナーとして、この活動を広げていきたいと思っています。
今、全国のダイビングショップ約300店舗がこの活動に賛同していただいております。